私の思い出は受験の時に腹痛がきて冷や汗ものでした。

受験の時に腹痛がきて冷や汗ものでした。

もともとお腹が弱い体質でしたが、受験当日は緊張でさらにお腹にきたようで、試験が始まって数時間後、お腹が痛くなってきました。
国語の時間でしたが、最初のうちは我慢していたのですが、だんだんお腹の痛みが酷くなり、問題を目で追っているものの、内容は全く頭には入って来ません。
トイレに行くべきか否か、どのタイミングで行けばいいのか、どうしよう・・・考えているうちにトイレに行きたくて我慢できなくなり冷や汗が出てきました。

 

このまま試験を受け続けることなんて無理だ、我慢も限界!もうどうにでもなれ!と試験中に手をあげて監督官にトイレに行きたいと申し出たのですが、余りの汗のかきぐあいに不審に思われることなく、トイレに行かせてもらえました。

 

緊張性の下痢になってしまったのですが、そのお蔭で問題が7割くらいしか解く時間がなく、落ちたかと思いましたがどうにか無事に合格出来てホッとしました。
あの時トイレに行けなければ大変なことになっていたと思うので、勇気を出してトイレに行って良かったと思っています。お腹が弱いのはここ一番という時にこういう事が起こったりするので、本当に損だと思います。
下痢5